つり倶楽ブログ

つり倶楽部のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ワカサギ釣りのすすめ

生まれて初めて竿を持ったという人でも、小気味よい引きを味わえて
数もまぁまぁ釣れる!!それがワカサギ釣り。

今回は秋空がさわやかな榛名湖でワカサギ釣りです。

今回のポイントは通称『ゆうすげ』にて釣りをしてみることにしました。
ポイントの選び方や釣り方は、榛名観光ボートさんで教えてもらえます。初めての方でも安心して釣りが出来ます。
今日のゆうすげ前では、20艘ほどワカサギ釣りのボートで密集していました。慣れない内はぶつからないように少し離れた場所が安心です。


ワカサギの居るタナ(水深)は、重りを底につけ20cm程度巻いた辺りがとてもよく釣れました。

釣れて来るワカサギは、4cm位の大きさが平均で、最大サイズで10cm前後が混ざってきます。一度に釣れて来る量は1匹〜6匹で、しゃくり(上下に揺らす)を続けていれば休まず釣れます。
今回使用したワカサギ釣り用の仕掛けは、3種類用意して色々試してみました。

1.ハイパーパニック+3号重り(空ハリ)
2.ラメパニック+3号重り(空ハリ)
3.段々ワカサギ+3号重り(ラビット)

1と2はエサを付けずにワカサギが釣れます!虫が苦手だという人には嬉しい仕掛けです!3の仕掛けにつけた『ラビット』とは、サシの小型のもので、通常のサシよりも半分くらい小さいものです。
どの仕掛けでも平均的な釣果が得られましたが、通常のサシをつけたところ、白でも紅でもラビットには遠く及ばなかったです…エサでこうも違うものかと思い知りました。
今回のように休まず数が釣れるような時は、パニックのようなエサを付けなくてもよい仕掛けが、手返しが早くたくさん釣れますね。しかしやはり喰いが渋り始めるとラビットに軍配。



謎のおじさんは二刀流…


秋空の下、静かな湖面にボートを浮かべて糸を垂らす…
10月末頃には、赤や黄色の紅葉が湖を包みます…
この機会に体験してみてはいかがだろうか?

榛名観光ボートの皆様大変お世話になりました。『楽しい秋の行楽はワカサギ釣り!!』そう思った方は是非tel027-374-9160榛名観光ボートサービスまで!!
京子のつり日記 | permalink | comments(0) | -